高級羽毛布団

 

ホンモノの高級羽毛布団とは

高級羽毛布団

一口に高級羽毛布団と言っても、1万円程度から100万円まで並ぶ。ひどい商品になると、定価40万の高級羽毛布団が、7980円で売られていたりするのが現状だ。残念ながら高級羽毛布団=高品質羽毛布団では無い事が多いので、注意しないと、無駄にお金を払いすぎてしまう事になる。
では、ホンモノの高級羽毛布団(高品質羽毛布団)の条件とは何なのかを考えてみよう。

ダウンの割合

ダウンとフェザー

羽毛布団は、タンポポの綿毛のような形状をしたダウンと羽軸をを持つ羽根状のフェザーを混合するのが一般的だ。
ダウンは軽くて空気を多く含むため、柔らかさや保温性に優れるが、ダウン100%だとへたって使い物にならない。おすすめとしては、ダウン90%〜95%がよいだろう。

ダックとグース

ダック グース

羽毛布団のスペックを見ると、「ホワイトダックダウン95%」 あるいは、「ホワイトグースダウン95%」の表記がある。
「ホワイトダックダウン95%」とは、アヒルのダウンが95%でフェザーが5%
「ホワイトグースダウン95%」とは、ガチョウのダウンが95%でフェザーが5%
という意味である。
ホワイトグースダウンのほうが、品質も高いし柔らかいので、グースを選ぶようにしたい。
また、手摘み(ハンドピック)は羽毛の形が崩れにくく機械採取より品質が高い。

カサ高

カサ高

上の写真は、同じ重さのダウンをコップにいれた状態だ。最高ランクのプレミアムゴールドのダウンは、空気をたっぷりと抱え込む。ボリュームはふっくらとありながらも、中身には多量の空気なので軽くて暖かい、しかも吸放湿性に優れるので汗や湿気の吸収、発散を繰り返し、蒸れ無いので熟睡できる。
エクセルゴールドラベル〜プレミアムゴールドラベルのついた、安全で安心な商品を選びたい。
さらに、国内で丁寧に洗浄されたダウンならば、臭いで悩まされる事も無いだろう。

羽毛布団の側地(がわじ)

母子

 

中身の羽毛(ダウン)にばかり気をとられがちだが、布団を包む側地も重要だ。
綿100%は、吸放湿性に優れるが、重量があり、それほど柔らかくはない。それを改良したのが、長超綿だ。しなやかで柔らかいのでオススメだ。
さらに、テンセルシルクならば、綿の半分の軽さ、シルクのような柔らかさをそなえ、吸放湿性も綿より優れるので、ハイクラスの羽毛布団としては最適である。

 

 

 

 

おすすめは?

  • グースダウンは、ポーランド産かハンガリー産がおすすめ。出来ればハンドピック採取されたものが望ましい。
  • 側地は、長超綿がよい。さらに軽さを追求するならテンセルシルク。アレルギーが心配な場合はアルファイン。
  • 立体キルトであること。
  • 立体キルトであれば、縫い目から寒さが進入しないので、マス目の数は関係ない。
  • 日本製の証である、ゴールドラベルが付属していること。
  • 日本製であれば、どこのメーカーでも変わらない。
  • 3年間保証など、品質保証書が付いている事。
  • 1年中使用したい場合は、2枚合わせがおすすめ、冬場も1枚ものよりあたたかい。

 

ひと触りで幸せな気分になれる高級羽毛布団、ホワイトグースダウンは豊かなる自然からの贈り物です。